ノミネート一覧&投票 助演女優賞

投票結果はこちら≫

オクタヴィア・スペンサー『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』

プレゼンターのクリスチャン・ベイルの発表を受け、初ノミネートにして、初受賞を果たしたオクタヴィア・スペンサーは、まさかの面持ちで両手で顔を覆い、座席に沈み込んだ。そして両脇の人に支えられ立ち上がると、受賞作の共演者であるヴィオラ・デイヴィス、ジェシカ・チャステインと抱き合い喜びを分かち合った。

シルバーのロングドレスのすそを気にかけながら、ステージに上がるも、呼吸もままならぬ状態でなかなか言葉を発することができず。瞳に涙をため、第一声は「アカデミー会員の皆さまありがとうございます。(出身地の)アラバマの家族たちに感謝します」と語り、持ち前のユーモアセンスを発揮して、オスカー像を手にした喜びを「最もハンサムな人といられてうれしい」と表現した。

そして(監督の)テイト・テイラーやスタッフの名を挙げ、またスティーヴン・スピルバーグとは数回会ったことがあり、いつも笑顔で接してくれたことが女優業を続けるモチベーションであったようで、スピルバーグに対し「人生を変えてくれてありがとう!」と感謝の言葉を述べた。(協力:WOWOW/文:シネマトゥデイ)

ベレニス・ベジョ『アーティスト』

  • 人物詳細を見る
  • 予告編を見る

ベレニス・ベジョ

(C) La Petite Reine - Studio 37 - La Classe Americaine - JD Prod - France 3 Cinema - Jouror Productions - uFilm

プロフィール

1976年7月7日生まれ
アルゼンチン/ブエノスアイレス出身
2001年、初のハリウッド作品であるヒース・レジャー主演の『ROCK YOU! [ロック・ユー!]』で広く知られることに。それでもなおフランスを中心に活躍し、『ブラウン夫人のひめごと』、ミシェル・アザナヴィシウス監督の『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』に出演。そして同監督と再タッグを組み、2011年の賞レースを席巻した『アーティスト』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。

ジェシカ・チャステイン『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』

  • 人物詳細を見る
  • 予告編を見る

ジェシカ・チャステイン

(C) 2011 DreamWorks II Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

プロフィール

1981年3月29日生まれ
アメリカ/カリフォルニア州出身
「ER 緊急救命室」「ヴェロニカ・マーズ」などの人気TVシリーズにゲスト出演したのち、08年の『Jolene(原題)』でスクリーン・デビュー。2011年には、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールに輝いた『ツリー・オブ・ライフ』、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』、『テイク・シェルター』など話題の出演作が立て続けに公開され、名実共に若手実力派女優として一気に花開く年となった。

オクタヴィア・スペンサー『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』

  • 人物詳細を見る
  • 予告編を見る

オクタヴィア・スペンサー

(C) 2011 DreamWorks II Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

プロフィール

1972年5月25日生まれ
アメリカ/アラバマ州モンゴメリー出身
ジョエル・シューマカー監督の『評決のとき』で映画デビュー。以降『25年目のキス』や『7つの贈り物』、『ハロウィン II』などさまざまな映画作品に出演。また「ER 緊急救命室」や「CSI:科学捜査班」といった多くのTVシリーズにもゲスト出演し、「アグリー・ベティ」では印象的なキャラクターを好演する。そのほとんどは端役だったが、11年の『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』で見事ゴールデン・グローブ助演女優賞に輝き、アカデミー賞助演女優賞にもノミネートされた。

ジャネット・マクティア『アルバート・ノッブス』

  • 人物詳細を見る

ジャネット・マクティア

Courtesy of Roadside Attractions

プロフィール

1961年5月8日生まれ
イギリス/ニューキャッスル出身
映画デビューは86年の『ハーフムーン・ストリート』。99年の『Tumbleweeds(原題)』でゴールデン・グローブ女優賞に輝き、アカデミー賞主演女優賞に初ノミネートを果たした。テリー・ギリアム監督の『ローズ・イン・タイドランド』やTVムービー『チャーチル 第二次大戦の嵐』に出演後、2011年のグレン・クローズ主演作『アルバート・ノッブス』で再びオスカー(助演女優賞)にノミネート。以降、同じくクローズ主演のTVシリーズ『ダメージ』にキャスティングされ、ダニエル・ラドクリフ共演の『The Woman in Black』も控える。08年には、それまでの功績から大英帝国勲章を授与された。

メリッサ・マッカーシー『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』

  • 人物詳細を見る

メリッサ・マッカーシー

Courtesy of Universal Studios/Suzy Hanover

プロフィール

1969年8月26日生まれ
アメリカ/イリノイ州プレインフィールド出身
2000年から7シーズンにわたって放送された人気TVシリーズ「ギルモア・ガールズ」のスーキー役で一躍有名に。並行して数々の映画作品に出演するもTVを中心に活躍、「サマンサ Who?」にレギュラー出演したのち、「Mike & Molly(原題)」では見事エミー賞コメディ・シリーズ部門主演女優賞に輝く。そして、11年の話題作『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』でアカデミー賞助演女優賞ノミネートを果たし、映画女優としても広く認知されるようになった。

このページのトップへ